知識をつけるためにインテリアの専門学校以外にも学ぶところがある

いくつかの選択肢がある

将来インテリアコーディネーターなどの職を目指している人は、まずインテリア関係の学校へ行って必要なことを学びましょう。専門学校の他にも短大や大学などで勉強することが可能です。資料請求をしてその学校のことについて情報収集をしていきましょう。

学び方は色々ある!学び方の種類を知ろう

4年制の大学

専門学校に比べて大学は幅広いジャンルがあるため、大学へ入学すれば多くの知識を得ることができるでしょう。しかし勉強量が豊富な分学費もかなりかかってしまうので、学費のことも考えた上で大学を選ぶようにしてください。

専門学校

大学よりもジャンルが広くはないですが、専門的に学ぶことができるのが専門学校です。4年間ではなく2年や3年で卒業をすることができるので、大学よりも早く卒業したいなら専門学校を選びましょう。また学校では資格サポートもしてくれるから安心できます。

インテリアスクール

大学や専門学校とは違い、夜間コースなどを選択することができるタイプなので自由な時間に学びたいという方にはオススメのスクールです。働きながら通うことができるスクールの1つといえるでしょう。最短で半年ほどで卒業することができるという特徴があります。

短期大学

大学と同じように短期大学でも様々なコースがあるので、たくさんの知識を身につけることが可能です。大学よりも卒業までの年数が少ないので、短期間で卒業したい人は短大を選ぶのが良いでしょう。卒業前に資格試験を受けることができるので、資格取得にも最適です。

独学による勉強か通信教育

本屋で必要な参考書を購入することができるので、それを利用して独学で勉強をする人もいます。また他にも通信講座で授業を受けることができるので、独学や通信教育は働きながら学びたいという人に向いているでしょう。

必要なことを学校で学ぶ

インテリア

資格取得をすれば有利になる

住宅関連のデザインを担当することになるインテリアデザイナーですが、資格を取得すればするほどその実力を認めてもらうことができます。中には国家資格である一級建築士もあるので、今後のためにも資格取得をしておきましょう。

メリットはたくさんある

住宅建設の際のデザインは一般の人が依頼をしてきますが、依頼人は専門業者を選ぶときにこれまでの経験や実績、取得している資格などを見て判断します。信頼できる人でないと依頼をしないので、ある程度資格を揃えておけば信頼して依頼してもらうことができるでしょう。

人気の高い資格の1つ

インテリアの専門学校ではインテリアコーディネーターの資格を取得することができますが、複数ある資格の中でもインテリアコーディネーターは多くの学生から人気が高いとされています。室内デザインを施していくので、勉強をするだけでもスキルを高められるでしょう。

独立を目指すなら一級建築士

クライアントからの信頼を得ることが必須になるため、資格取得をするようにしましょう。特に一級建築士は国家資格ともされているので、取得をすれば仕事を更に増やすことにも繋がります。独立するまでにたくさんの資格取得できるよう努力してください。

広告募集中