経験を積むことによって仕事のスキルを上げて給与アップにも繋がる

プロを目指すための方法

室内

どのような仕事なのか

インテリアの専門学校ではインテリアデザインの基礎的なことから専門的なことまで学んでいくことができます。一般住宅はもちろんのこと、学校や店舗などのインテリアコーディネートをする仕事になるため、幅広いスキルが必要となる職業といえるでしょう。

筆記だけでなく実技もある

最初は筆記でインテリアの基礎知識から勉強していきますが、筆記で知識を身につけることで少しずつ実技を通して学んでいくことができます。専門学校在学中に実際現場へインターンシップをすることができるので、それで仕事の経験を積んでいくことも可能です。

仕事を通して慣れていくことも必要

専門学校で必要な知識や技術を身につけたとしても、学校で学ぶことを現場で働くことは全く別物です。最初のうちは分からないことが多くて困惑することも多いかと思いますが、仕事を続けていくことで自身のスキルアップを目指せるでしょう。

今後の頑張りで給与に影響してくる

もしインテリア関係の学校を卒業して仕事に就いたとしても初任給は低いことが多いです。就職が初めての場合は仕事内容を覚えながら作業をしていくことからはじめますが、そこからスキルアップをして仕事に貢献することで給与アップを目指すことができます。

広告募集中